母の日に買った二つのレインウェア

数年前の母の日に、レインウェアを購入しました。いつもよく行っているお洒落な雑貨店で、私でも着たいような可愛いレインウェアを見付け、母の日に贈ったらどうだろうと思いついたのです。紺色の生地に、白色の細かなドット模様が入っていて、ボタンが木でできています。ポケットにも革のような風合いのモチーフが付いていて、大人向けのレインウェアという感じです。他にも星の模様が入ったものなど、色々可愛いものが揃っていました。しかしせっかく贈っても、使わないと言われてしまうと困るので、その場で母に電話をし、可愛いものを見付けたけど使うかどうかを確認しました。すると、ちょうど欲しかったところだと言うので、プレゼントとして買うことにしました。商品を選んでいる時に、待ち合わせをしていた主人がやってきたので、実家の母にこれを贈ると伝えると、義母にもこれが良いとすぐに気に入ったので、柄違いで二つ買いました。

レインウェアは実用性を重視しています

最近は雨の日でも楽しく過ごせるようなグッズが多くあります。朝起きて雨が降っているとそれだけのことなのに沈んだ気分になって出かけたくなくなってしまいます。しかしお洒落で可愛いグッズがあれば気分も明るくなり出かけることも嫌にはならないと思うのは多くの人と同じなのですがただお洒落や可愛いだけのグッズは抵抗があります。特にレインウェアは見た目の可愛さやお洒落感よりも実用性を重視しています。いくら可愛くてお洒落でも雨に濡れてしまっては意味がありませんし実際に買って気づいたのですが可愛くてお洒落で実用性も兼ね備えている物はとても少ないですし価格もかなり高額だったのです。頻繫に使う可能性が高い物にそこまでの金額を出して買うということには納得ができないのです。私にとってはしっかりと雨が防げることが最も重要なのです。

レインウェアをもっと簡単に

レインウェアといえば、レインコートが一番に思いつくのですが、傘だけではぬれてしまうような大雨の時や雨降りの角度によって雨を防げないようなときに、着ておけば良かったと思います。でも、服の上に着るので、着るのに、袖を通したりボタンを留めたり、か通気性が悪く湿ったりして、煩わしさも感じてしまい、ついつい、最低限の傘だけになってしまいます。また、脱いだ後も、畳んでしまっておき、また数時間後に着る場合、内側まで水分が染みて、二度目は着れないことも多々あります。かといって、行き先の場所に掛けておくところなどがあるのは、まれです。とってもおしゃれになってきているレインコートですから、もっと、脱ぎ着のしやすさや出先での保管の仕方が工夫された物が増えるといいなと思います。袖無しタイプや、ボタンがマジックテープになっていたり、いろいろと考えられそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>